南の島で留学してみた

ハワイの日常や留学の情報など綴ります〜^^

もやもや。。。

う~~~~ん。。。。。

もやもやもや。。。。。

 

いやあのね。聞いてください。

 

私ね、プレースメントテストで無事に上のクラス取れましたよーって

この前ブログに書いたじゃないですか。

 

そんでまあ、昨日オリエンテーションで友達と会って英語のクラスどーなったーみたいな話になり。

 

その子結構喋れる子だったのですが、テストの結果は

留学生がデフォルトで割り当てられる、まあ言っちゃあ

私よりも下のクラスだったようで。

 

「難しくなかった?」って聞かれて、私個人的には

ぶっちゃけそんなに難しくなかったんですが、

まあ一応合わせなきゃだし、「私のエッセイ課題は簡単だったよ」

と言って、こんな感じだった~と説明したんですが

その子には

「それは私のより簡単だと思う。私なんて、『幸せとは何か』って書かなきゃいけなかったんだよ?! 10分くらい考えたけど、何も浮かばなくて、結局1ページくらいしか埋められなかった。@@(共通の友達。この子も結構喋れる子)もさ、すごい上手に英語喋れるじゃん?なのに私と同じ下のクラスだったんだよ!ちょっとおかしいよね??」

みたいなことを言われまして・・。

 

ぶっちゃけいいですか。

正直、「幸せとは何か」っていうエッセイ課題、そんなに難しく考えなくても私だったら三つくらいなら余裕で思い浮かぶし(エッセイ書くなら三つくらいネタあれば十分)、基本論理の展開はスムーズにいくだろうし。

それよりも・・・「何を書くか」よりも「どうやって書くか」の方が、見られてるのに。構成だよ構成。

私は、こっちに来る数か月前からこのプレースメントテストのことは知ってて、これでそれなりのスコアを出さないと上のクラスが履修登録できないことも知ってて、だから自分でエッセイの書き方とかググったしこの試験用の参考書もイギリスのお店からアマゾンで購入して発送に3週間かかりながらもゲットして。

私は準備万端でこのテストに挑んだの。なのに、「このテストがおかしい」「採点者がおかしい」とか、さも私が上のクラスに行けたことが偶然、奇跡であるかのように言われて、なんだかちょっと嫌だった。イラっとした。認められていないようでショックだった。

いや、別に友達に私の能力を認めてほしい!!なんて渇望はしてないけど(笑)、ちょっとここは自分の素直な気持ちを吐露したほうがいいかなと思いまして。

 

これをまあ、もう少し言葉尻を柔らかくしてでもその場でうまく相手に伝えられれば良かったんだろうけど・・・私はそこまで世渡り上手じゃないので。このようにブログでぶちまけるぐらいしかできないのです(笑)

 

こういう所でへこへこしてしまう自分があまり好きでは無い。

でもだからと言って自分の能力をひけらかしていると思われたくもない。

嫌われたくない。

 

それはきっと中学の頃のトラウマがずっと心に引っかかっているからだろう。

まあ中学の時何があったかちょろっと話すと、

あまりにも私が勉強できすぎて周りから嫉妬を受け村八分される

という武勇伝なんだけどwww

 

また嫌われるんじゃないか。

一人ぼっちになるんじゃないか。

 

私にとって人付き合いはそんな感情といつもとなり合わせだ。

だからほんっとうに疲れる。

なんでもできるよねってよく言われるけど、

私は人付き合いに関しては人一倍不器用だと思う。

 

でも、そんな感情と隣り合わせだからこそ

共に喜び、楽しみを分かち合えた時は人一倍幸せを感じるのかもしれない。

 

こんな性格も、メンドクサイようで実は悪くはないのかも。

 

なんかちょっと、ブログ書いてて気持ちの整理ができました。

雑だけど読んでくれてありがとうございます。